陶器の傘立て選びのこだわり ~キャラクターから選ぶ~

陶器の傘立て選びのこだわり ~キャラクターから選ぶ~

傘立てを選ぶときは、機能性を最優先するのか、デザインに重点を置くのかによっても条件が異なってきます。

また、玄関の外に置くのか、家の中に置くのかなども考えて選ぶ必要があります。

陶器の傘立ては、高級素材を使っているイメージがあり、また、その期待を裏切らない商品もたくさんあります。

陶器の傘立てには、そのまま花瓶や壺として使えそうなものもあることから、デザインを重視していることも納得できることです。

国内には陶器の窯元がたくさんありますが、そのひとつ、信楽焼を代表するキャラクターとして「たぬき」や「ふくろう」などがあります。

それらのキャラクターは、インテリアとしての役目を兼ね備えた傘立てとしても大きく貢献しています。

また、見た感じは「キャクターの置物」のような粋なデザインもあり、傘立てというよりはインテリアと呼んだほうが正しいのかもしれません。

そんななかでも、円柱形のシンプルなデザインに「ふくろう」の図柄をあしらった「白ふくろう彫傘立」もあります。