陶器の傘立て選びのこだわり ~デザイン・図柄から選ぶ~

陶器の傘立て選びのこだわり ~デザイン・図柄から選ぶ~

陶器の傘立てには、スチール製や他の素材を使った傘立てとは一味違った高級感を味わうことができます。

また、高級感をかもしだしているのは、傘立てのデザインも大きく関係していると思われます。

「陶器=壺」というイメージもあり、実際、人気がある陶器の傘立てには、つぼ型も多くあり、玄関の外に置く「見せる傘立て」としての役割もあります。

その一方で、円柱形や直方体などのシンプルな形を基本として、図柄のデザインを強調しているものもあります。

そのひとつに、グレーにホワイトの大きなドット柄の円柱形の傘立てがあり、陶器の傘立てとは思えないポピュラーなイメージが人気です。

ドット柄、つまり、水玉模様は、衣服の生地としても時代を超えて根強い人気がある、飽きのこない図柄が人気です。

また、円柱形の陶器の傘立てには、花柄やストライプ柄のほか、ふくろうの図柄の入ったものもあります。

このように、傘立てのつくりそのものがシンプルなものは、日々の手入れが楽なことでも人気だといえますね。