陶器の傘立て選びの基本 ~機能性から選ぶ~

陶器の傘立て選びの基本 ~機能性から選ぶ~

大変素朴な疑問ですが、傘立てを選ぶときは、傘をどういう状態で収納するのかまで考える必要があります。

十分乾いた傘ばかりを収納する場合は、傘立ての内部に雨のしずくが溜まる心配までしなくて済みますが、そのような都合のいいことばかりではありませんね。

また、濡れた状態でも収納できないと、傘立ての機能を十分発揮できないかもしれません。

ある大手通販で人気の陶器の傘立てを選んだ人からは、傘立ての背が高いので濡れたままの傘を入れておけることがうれしい旨のコメントも寄せられています。

傘立てには、花瓶のように水漏れがしないタイプのほか、側面が大胆な穴開きデザインになっているものや、極端な場合、傘の先端を差し込めるだけのタイプもあります。

ネット通販でも人気の陶器の傘立てには、円柱形や直方体のほか、つぼ型も人気で、そのまま花瓶として使えるデザインのものがあります。

そんななか、水抜き穴が付いている「陶器の傘立て」には、椿の図柄がかわいいことでも大変人気の品もあります。